脱毛症に効果がある薄毛治療薬に注目|薄毛の原因と副作用を知る

男の人

薬剤の併用や前立腺の影響

髪の毛

東京などのAGAクリニックでは、発毛効果を出させるために複数の薬剤を使用する医療機関もあります。プロペシアやミノキシジル、ミネラルなどの錠剤を用いて治療を行っています。またプロペシアを使うと前立腺に影響が出るのではないかと心配されますが、その影響は少ないと考えてよいでしょう。

もっと読む

なぜ抜ける

メンズ

多くの方が知りたい薄毛の原因、それは結構たくさんあります。例えば血行が悪化し必要な栄養が届かなくなる、ストレスや喫煙、頭皮のケア不足です。そして最大の原因とされるのが男性ホルモン、還元酵素と結びついて変換されることになるジヒドテストステロンが髪の成長を乱します。

もっと読む

プロペシアの活用術

考えるメンズ

飲む育毛剤

プロペシア(フィナステリド)は、男性型脱毛症を治療するために使われることが多い治療薬です。プロペシアには男性ホルモンの働きを抑制し、薄毛になりにくい体質にする効能があります。飲むだけで薄毛が治るので「飲む育毛剤」とも呼ばれています。もともと前立腺肥大を治すために開発されたのがフィナステリドです。膀胱の隣にある臓器である前立腺は、男性ホルモンの変化で肥大し、尿が出にくくなることがあります。これを治すための薬としてフィナステリドが開発されました。その後臨床試験で脱毛に効果があることが分かり、薄毛治療薬プロペシアが生まれました。プロペシアは日本の厚生労働省にも認可されていて、日本皮膚科学会も薄毛治療にお勧めの薬として推奨しています。

副作用知っておく

薄毛治療では欠かせないプロペシアですが、飲む前に知っておくべきなのが副作用です。プロペシアは男性ホルモンの分泌量を調整する働きがあるため、男性機能に影響が出ることがあります。勃起不全や精力減退などは、プロペシアを服用した男性がよく経験する症状です。症状が出やすい人もいれば出にくい人もいて、重症度にも個人差があります。たいていの場合は服用を止めれば回復します。もしも不安な場合は服用を中止して医師に診てもらうことをお勧めします。また、女性はどんな場合でもプロペシアを服用するのは禁止されています。生まれてくる胎児に副作用が出るリスクが高くなるためです。触るだけでも影響が出ると言われているので、妊婦は十分に注意をする必要があります。

確実に髪を蘇らせるには

男性

梅田の薄毛治療クリニックでも自毛植毛が人気ですが、成功させるためには施術時期が大切です。早めにクリニックヘ相談に行き、適切な時期を逃さぬようにしましょう。この自毛植毛にはメスを使用する方法としない方法があり、それぞれに特徴があります。しっかりとカウンセリングを受けて、納得のいく方法を選びましょう。

もっと読む